農地をいかす・農地をまもる

<農地をいかす>


<農地をまもる 農業委員会と(京都府農業会議の農地対策)>

  • 農地法等に基づく業務
    • 意見照会
       農地法などに基づいて農業委員会からの意見照会を定例の常設審議委員会で審議しています。
       案件は、常設審議委員が地元農業委員会の協力を得て現地調査をし、審議します。
    • 会議・研修会の開催
       農業委員会の法令業務を支援するため、農業委員会会長会議や事務局長・担当者会議、研修会を開催しています。 また、農地対策等の経験を広めるための農業委員研修交流会(ブロック別)等を府内で開催しています。
    • 農地行政・土地利用対策等への助言
       農業委員会の農地実務について、相談、アドバイスや情報提供の取り組みを日常的にすすめています。
    • 巡回支援の実施
       農地基本台帳や農業者年金の業務では、職員が農業委員会に出向くなどして、委員会の取り組みをサポートしています。
  • 土地と農業を守る運動
    • 農地パトロール
       大切な農地が、適正に利用されているかどうか、農業委員会と共に農地パトロールをすすめています。
    • 遊休荒廃農地の解消と未然防止
       遊休荒廃農地の実態把握と有効利用対策を、農業委員会と関係機関の中核となってすすめています。
    • 農地行政・土地利用対策等への助言
       農業委員会の農地実務について、相談、アドバイスや情報提供の取り組みを日常的にすすめています。
    • 農地の面的集積の推進
       産地づくりや担い手の経営強化につながる農地の流動化対策や集落営農・地域農場づくりをすすめています。